Gigalightの開発目標

VCSEL技術、PAM4技術、コヒーレント光通信技術、シリコン光集積チップ、高速自動化パッケージングなどのさまざまな技術を使用して、費用効果が高く、低コストのプラグアンドプレイ光ネットワークミドルウェアを開発および提供します。 これらのミドルウェアには、200Gおよび400Gデータセンターの光モジュール、5G WDM伝送ソリューション、コヒーレント光通信モジュールが含まれます。 コアコンピタンス Gigalight デザインの革新であり、デザインの本質は、シンプルさ、美学、信頼性、一貫性を確保することです。

沿革

Gigalight2006に設立され、中国の深Shenzhenに本社を置いています。 グローバル光ネットワークプラグアンドプレイミドルウェアの最高のプロバイダーおよびデザインコレクターになりました。 クラウドサービスプロバイダー、さまざまな情報およびITオペレーター、ネットワーク通信機器プロバイダー向けに、費用対効果の高い製品とサービスを提供することをお約束します。 同社は、データセンター相互接続、高解像度ビデオ伝送、5G光ネットワーク、コヒーレント光通信、シリコンフォトニクスチップ統合の開発に重点を置いています。 主な製品には、光トランシーバー、アクティブ光ケーブル、MPOケーブル、パッシブコンポーネント、コヒーレント光モジュール、オプティクスクラウドプラットフォームなどがあります。

事例・実績

  • アクセス
    MORE
  • データセンター
    MORE
  • WDM /コヒーレント
    MORE
  • 5G
    MORE
  • サーバーセキュリティ
    MORE
  • SDI / HDMI / USB
    MORE

コア競争力

ニュース

Gigalight 100G AOCオーバークロック設計を完了して、顧客のコストを節約

ニュース│2019-11-14
最も広範囲のサンプルの測定 Gigalight 100G AOCは、厳密なオーバークロックネットワークオプティクスとハードウェアおよびソフトウェア設計に基づいています。 開発が成功すると、既存の100Gデータセンターのコストを大幅に削減でき、アプリケーションテクノロジーの突破口となります。

新技術の出現により、データセンターがオンボードの光インターコネクトに導かれました

ニュース│2019-10-30
将来的には、オンボードの光インターコネクトがデータセンターの主要市場を支配するでしょう。