Gigalightの開発目標

VCSEL技術、PAM4技術、コヒーレント光通信技術、シリコン光集積チップ、高速自動化パッケージングなどのさまざまな技術を使用して、費用効果が高く、低コストのプラグアンドプレイ光ネットワークミドルウェアを開発および提供します。 これらのミドルウェアには、200Gおよび400Gデータセンターの光モジュール、5G WDM伝送ソリューション、コヒーレント光通信モジュールが含まれます。 コアコンピタンス Gigalight デザインの革新であり、デザインの本質は、シンプルさ、美学、信頼性、一貫性を確保することです。

沿革

Gigalightは2006年に設立され、中国の深センに本社を置いています。 グローバルな光ネットワークプラグアンドプレイミドルウェアの最高のプロバイダーおよびデザインコレクターになることに基づいています。 私たちは、クラウドサービスプロバイダー、さまざまな情報およびITオペレーター、ネットワーク通信機器プロバイダーに費用対効果の高い製品とサービスを提供することをお約束します。 同社は、データセンター相互接続、高解像度ビデオ伝送、5G光ネットワーク、コヒーレント光通信、シリコンフォトニクスチップの統合の開発に焦点を当てています。 主な製品には、光トランシーバー、アクティブ光ケーブル、パッシブコンポーネント、コヒーレント光モジュール、光学クラウドプラットフォームなどがあります。

事例・実績

  • アクセス
    MORE
  • データセンター
    MORE
  • WDM /コヒーレント
    MORE
  • 5G
    MORE
  • サーバーセキュリティ
    MORE
  • ファイバー上のSDI / HDMI
    MORE

コア競争力

ニュース

Gigalightの10GBASE-T SFP +モジュールが1KVサージテストに合格

ニュース│2020-04-21
Gigalightの10GBASE-T SFP +銅トランシーバーモジュールは、クライアント側での厳密な1KVサージ電圧テストおよびその他のテスト項目に合格し、製品のパフォーマンスと信頼性が業界トップレベルに達したことを示すバッチ配信を実現しました。

Gigalight 高性能コンピューティング向けの拡張100G QSFP28 AOCを発表

ニュース│2020-04-14
ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)および高周波トレーディング(HFT)アプリケーションに適応するために、 Gigalight 最近、強化された一連の100G QSFP28 SR4オプティクスが発売されました。