• 100G / 200G CFP-DCO(超低消費電力)

    メトロ&DCIアプリケーション用

    カスタマイズされたリンクバジェット、インターフェイス、伝送要件(データレート、遅延、保護など)

    詳細

コヒーレント光通信の利点


  • より長い距離

    高利得のソフトディシジョンFECを使用すると、信号の再生距離を短くしながら、より長い距離を通過することができます。 より高いマージンを提供し、より高いビットレートの信号がより遠くを横切ることを可能にする。


  • 大容量

    スペクトルシェーピングは、カスケードROADM全体でより大きな容量を提供し、スーパーチャネルのスペクトル効率を向上させます。 スペクトラルシェーピングは、フレキシブルグリッドシステムでは不可欠です。なぜなら、キャリアをより密接に絞って容量を最大化できるからです。


  • より広いアプリケーション

    プログラマビリティにより、幅広い種類のネットワークやアプリケーションに対応することができ、複数の変調フォーマットや異なるボーレートをサポートすることができ、オペレータはさまざまなラインレートから選択できます。

Gigalight デジタルコヒーレント光学


  • ODCC

    100G CFP-DCO(<22w)

    ピザボックス(ODCC)


  • OIF

    200G CFP2-DCO(OIF)(<14w)

    100G CFP2-DCO(OIF)(<12w)


  • コボ

    400G COBO-DCO(OIF COBO)

    400G OSFP-DCO(OIF COBO)(<14w)

詳細は製品データシートをダウンロードするためにクリックしてください