200GBASE-LR4

  • 50G PAM4ベースの光トランシーバ技術

    PAM4エンコーディングテクノロジを使用すると、各サンプリングサイクル内で50G PAM4ベースの光トランシーバで送信される情報量が2倍になります。 25G光コンポーネントを使用して50Gbpsの伝送速度を達成し、光トランシーバのコストを削減することができます。 50G PAM4は、シングルレーン50GE PAM4光トランシーバー、4レーン200GE光トランシーバー、および8レーン400GE光トランシーバーなど、複数のシナリオに適用されます。 機能このセクションでは、シングルレーン50GE PAM4光トランシーバーの機能を紹介します。 50GE PAM4光トランシーバの動作原理は次のとおりです。送信方向では、PAM4エンコーディングチップは2つの25Gbit / s NRZ信号を1つの25GBaud PAM4信号に集約します。 レーザー駆動チップはPAM4信号を増幅し、25Gbpsレーザーは電気信号を25GBaud(50Gbps)単一波長光信号に変換します。 受信方向では、検出器は25GBaud単一波長光信号を電気信号に変換します。 電気信号は整形および増幅された後、PAM4復号化チップに出力されます。 PAM4デコーディングチップは、信号を2つの25Gbps NRZ信号に変換します。 50GE PAM4光トランシーバは、QSFP28カプセル化モード、LC光インタフェースなどを使用します。

    April 11, 2019 0 0 10

お問い合わせ

Eメール:sunwf@gigalight.com