Gigalight 200G QSFP-DD PSM8光トランシーバがデータセンターを低コストで進化させ続ける
日付:2019-02-16 著者:Gigalight 3088
深セン、中国、2月15、2019 – Gigalight 200Gから8Gへ移行するデータセンター向けに低コストの200G光インターコネクトソリューションを提供する、100G QSFP-DD PSM400光トランシーバの発表を最近発表しました。
光インターコネクト技術は100Gから200G / 400Gへと移行しており、データセンターの進化にはさまざまな道筋があります。 Gigalightの独自のPSM(パラレルシングルモード)製品ラインは、低コストの光インターコネクトの1つです。 の Gigalight PSM製品ラインには、NRZ符号化フォーマットに基づく40G PSM4、100G PSM4、および200G PSM8光トランシーバが含まれます(コスト削減)。
誰もが知っているように、QSFP-DDは、帯域幅が2倍になるという利点により、次世代のデータセンターの最前線になりました。 Gigalightが新しくローンチした 200G QSFP-DD PSM8光トランシーバ QSFP-DD MSA規格を満たし、最大8kmの伝送距離を持つパラレル25レーン(1レーンあたり10Gb /秒)の設計を使用します。 この製品は非常に低い消費電力(6.5W未満)を持ち、0〜70°Cの動作温度範囲を満たしています。 自社開発の光学エンジンを採用することで、生産効率を向上させるだけでなく、コストを大幅に削減することができます。
Gigalight 200G QSFP-DD PSM8光トランシーバがデータセンターを低コストで進化させ続ける
Gigalight 200G QSFP-DD PSM8光トランシーバがデータセンターを低コストで進化させ続ける
のハイライト Gigalightの200G QSFP-DD PSM8光トランシーバ
  • ▪QSFP-DD MSA規格に準拠
  • ▪10nmシングルモードファイバで最大1310kmの範囲
  • ▪低消費電力<6.5W
  • ▪動作ケース温度範囲0°C〜+ 70°C
40G SR4、100G SR4および200G SR8パラレルマルチモードVCSEL光トランシーバに加えて、従来の利点 Gigalight は現在、10kmリンク伝送用のフルレートPSM光トランシーバを完成しています。 この時点で、 Gigalightデータセンターにおけるパラレル光インターコネクトアプリケーションのためのNRZ伝送をベースにした低コストソリューションは基本的に完成しており、顧客による認定を受けることを楽しみにしています。
会社概要 Gigalight
Gigalight 設計し、製造し、そして供給する世界的な光インターコネクション設計の革新者です。 光トランシーバ, 受動部品, アクティブ光ケーブル, MTP / MPOキャビン, クラウドプログラマー&チェッカー、および コヒーレント光モジュール データセンターとクラウドコンピューティング、メトロとブロードキャストネットワーク、そしてワイヤレスと5Gオプティカルネットワークの3つの主なアプリケーションのために、 Gigalight 専用設計の利点を活かして、ワンストップの光ネットワークデバイスと費用対効果の高い製品をお客様に提供します。