Gigalight 高速APDパッケージング技術を搭載した40G QSFP + ER4トランシーバを発表し、テレコム市場のギャップを埋める
日付: 2019-06-26 著者: モーフ 5580
Gigalight 高速APDパッケージング技術を搭載した40G QSFP + ER4トランシーバを発表し、テレコム市場のギャップを埋める
深セン、中国、6月26、2019 - Gigalight 40G QSFP + ER4 40km光トランシーバーを同社の高速APDパッケージング技術プラットフォームに依存し、テレコム市場における40G超長距離伝送のギャップを埋めることに成功した。
Gigalight 40G QSFP + ER4トランシーバ
40Gは古くありません。 実際、40G製品は、光通信業界では完全には開発されていません。 業界が40Gから100Gに移行したとき、業界によって定義された多くの40G製品は未だ空いた状態にあり、そのうち40G QSFP + ER4が最も重要です。 40G超長距離(40km)モジュールを克服する重要なタスクは、40G APDを作成することです。 限られた需要といくつかの技術的な制約のため、市場にはキャリアグレードの規格を満たす40G QSFP + ER4モジュールがありませんでした。
滞在期間の長さによって発生する Gigalight 40G QSFP + ER4 40km光トランシーバ この市場のギャップを埋めました。 採用 Gigalightの自社開発コア光学部品 - 40G ER4 TOSAと40G ER4 ROSA(APD)。 このモジュールはOTU3レートをサポートし、全温度範囲での標準消費電力は3W未満で、感度はエラーのない伝送で-22dBmまでです。 信頼性の面では、 Gigalight 40G QSFP + ER4モジュールは、ダブル2000高温高湿環境で85時間の信頼性試験に合格しました。 この製品は7月に正式に発売される予定で、サンプル価格は650 USドルです。
伝統的なチップ技術と比較して、APDチップ技術は40km以上の距離を持つ光伝送システムに主に適用され、パッケージ結合要求のレベルは非常に高い。 独自の技術的優位性を持ち、 Gigalight 高効率、高歩留まりの自動パッケージカップリングプロセスを開発し、成熟した自動化プラットフォームを構築し、デバイスの大量生産が可能です。 加えて Gigalight 40G QSFP + ER4光モジュールは、カスタマイズされた要件をサポートし、適時に大量生産の要件に対応し提供することができます。
40G QSFP + ER4トランシーバの詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。
About Gigalight
Gigalight 設計し、製造し、そして供給する世界的な光インターコネクション設計の革新者です。 光トランシーバ, 受動部品, アクティブ光ケーブル, MTP / MPOキャビン, クラウドプログラマー&チェッカー、および コヒーレント光モジュール データセンターとクラウドコンピューティング、メトロとブロードキャストネットワーク、そしてワイヤレスと5Gオプティカルネットワークの3つの主なアプリケーションのために、 Gigalight 専用設計の利点を活かして、ワンストップの光ネットワークデバイスと費用対効果の高い製品をお客様に提供します。