GigalightのWDMソリューションがMIITのネットワークアクセスライセンスを取得しました
日付: 2020-03-13 著者: Gigalight 1085 タグ: 5Gフロントホール

深セン、中国、13年2020月XNUMX日---GigalightのWDMアクティブおよびパッシブソリューション製品は、認定テストに合格し、産業情報技術省のネットワークアクセスライセンスである許可番号28-D963-200337を取得しました。 GigalightのWDM機器には、システム機器、WDM光トランシーバー、およびWDM受動デバイスが含まれ、10G / 16G / 25Gなどの複数のデータレートをサポートし、商業および産業用温度環境アプリケーションをサポートします。 5G潮の流れで、 Gigalight過去5年間に開発されたXNUMXG製品ラインは、輝かしい未来を作り始めました。

5G前に

Gigalight 次のように商用5GフロントホールWDMソリューションに入りました。

<5Gフロントホール光トランシーバーソリューション>

5Gフロントホール光モジュールの組み合わせ

<パッシブWDM製品ポートフォリオ>

パッシブWDM製品ポートフォリオ

これらの製品カテゴリ:

10G CWDM SFP +シリーズトランシーバーは10G、10G CPRIをサポートし、OTN OTU2eに準拠し、10kmから70kmまで到達し、1.5W未満の超低電源電圧、工業用グレードの仕様に達します。

25G LAN-WDMシリーズ光トランシーバー、光電インターフェースはすべて25G NRZ変調信号、消費電力<2W、産業用温度範囲をサポートします。LWDMは12波多重化を提供でき、レーザーEML / DMLはオプションで、最大10 km〜30 kmに到達します。 。

25G CWDM SFP28シリーズ光トランシーバーは、ホットプラグ可能なSFP28フォームファクターであり、25GイーサネットおよびCPRI / eCPRI仕様に準拠し、CWDMリンク伝送をサポートします。 10KM CWDM SFP28は、PINトランスミッターとPINレシーバー、電力消費<1.2Wを採用しています。 20KM CWDM SFP28は、トランスミッターとPINレシーバーを採用し、消費電力は1.8W未満です。

25G DWDMシリーズ光トランシーバーは、EML + PIN TOSA / APD ROSA、消費電力<2.0Wを採用しています。 伝送距離は2km / 10kmです。 ITU C-band 100GHz 44バンドをオプションでサポート。

パッシブWDMトランシーバーは、産業グレードの低挿入損失デュアルスター1:6/1:12/1:18パッシブWDMトランシーバーと5G OMUXシリーズ製品を提供できます。 パッシブWDMシリーズ製品は、KTなどの韓国のオペレーターによって大量に商品化されています。

抽出における漸近線は、高い位置にある方が安定しています。 GigalightのWDM製品ラインには、自動化された補助生産ラインと高度な設備があり、顧客に柔軟で便利な配達を提供し、より多くの顧客の使用と承認を楽しみにしています!

Gigalight 設計し、製造し、そして供給する世界的な光インターコネクション設計の革新者です。 光トランシーバ, 受動部品, アクティブ光ケーブル, MTP / MPOキャビン, クラウドプログラマー&チェッカーおよび コヒーレント光モジュール データセンターとクラウドコンピューティング、メトロとブロードキャストネットワーク、そしてワイヤレスと5Gオプティカルネットワークの3つの主なアプリケーションのために、 Gigalight 専用設計の利点を活かして、ワンストップの光ネットワークデバイスと費用対効果の高い製品をお客様に提供します。