Gigalight がデータセンター相互接続用のフルレンジの200G光トランシーバーを発売

日付: 2020-06-08 著者: Gigalight 4243 タグ: 200G , QSFP56 , 50G PAM4 , 光トランシーバ

深セン、中国、6月8、2020 - Gigalightは、光インターコネクト設計の世界をリードするイノベーターであり、200G PAM50 DSPプラットフォームに基づく4Gデータセンター光トランシーバーの完全なシリーズを発売し、より高い帯域幅を求めるクラウドコンピューティングの顧客のニーズに応えます。

新しく発売された製品は次のとおりです。

  • 200G QSFP56 SR4 / AOC—VCSELレーザー、OM100ファイバーで最大4m、最大消費電力5W。
  • 200G QSFP56 DR4 — SMFを介して最大4m(標準)または500km(強化)の2つの並列非冷却EMLレーザー、および5.5Wの最大電力消費。
  • 200G QSFP56 FR4-冷却されたCWDM EMLレーザー、SMF経由で最大2 km(標準)または10 km(拡張)、全動作温度範囲で最大7 Wの電力消費。
  • 200G QSFP56 LR4-冷却LAN-WDM EMLレーザー、SMF経由で最大10 km、最大消費電力7W。

Gigalightの新しい200G QSFP56シリーズ製品は、消費電力設計に一定の利点があり、データセンターアプリケーションに非常に適した、ポストFECと100%FECマージンのパフォーマンスでゼロエラー伝送を保証できます。

Gigalightの200G光トランシーバーポートフォリオは、8チャネル25G NRZシリーズと4チャネル50G PAM4シリーズに分割できます。これらは、自己設計の光エンジンデバイスを採用して大量生産のニーズに対応し、開発のための強固な構造の構築に役立ちます。次世代データセンターのITインフラストラクチャの。

ギガライトについて

GIGALIGHTは、グローバルな光相互接続設計イノベーターで、設計、製造、供給を行っています 光トランシーバ, アクティブ光ケーブルコヒーレント光モジュール データセンターネットワーク、5Gワイヤレスネットワーク、光伝送ネットワーク、およびブロードキャストビデオネットワーク用。 同社は、排他的な設計の利点を生かして、コスト効率の高いワンストップの光ネットワークデバイスを顧客に提供しています。