長距離光伝送システムのための柔軟なDWDMソリューション

ブラウズ:7738

光通信産業における従来の光源は、固定波長を有するレーザモジュールからのものである。 しかしながら、光通信システムの応用における継続的な開発および促進により、固定波長を有するDWDMレーザの不利益が徐々に明らかにされてきており、それは資源の浪費およびコストの増加を招く。 このため、 Gigalight 調整可能なトランシーバとAAWG MUX / DEMUXモジュールを備えた柔軟なDWDMソリューションを提供します。
この問題に対するより正確な解決策を考案するためには、DWDMレーザーのどのような短所が事前にあるのかを詳細に知る必要があります。 したがって、 Gigalight 私たちのソリューションに関わる前に、まずそれらを最初に簡単に分析します。
われわれが知っているように、DWDMレーザの弱点はこれらの側面を指しています。 1つは、技術の発展に伴い、DWDM 50GHzの波長数は数百に達しています。 一方、保護が必要な場合には、代替可能な波長のレーザによって各レーザのバックアップを提供しなければならず、これによりバックアップDWDM光モジュールの量が増加し、運用コストが上昇する。 別の点として、一般的なDWDM光モジュールの波長が固定されていることを考慮して、特定のチャネルの在庫量を予測することは困難であり、その結果固定波長のDWDM光モジュールの在庫量が増加する。 さらに、光ネットワークにおける動的波長割り当てがサポートされ、ネットワークの柔軟性が改善される必要がある場合、異なる波長を有する多数の一般的なDWDM光モジュールが要求される。 しかし、各光モジュールの使用率は非常に低く、多少のリソースの浪費となる。
問題が存在する場所を認識した後、 Gigalight 発展した 同調可能なトランシーバ 解決策として。 このソリューションでは、異なるDWDM波長を設定して同じ光モジュールに出力することができます。 これらの波長の値と間隔は、ITU-T(DWDM 50GHzフルCバンド)の要件を満たしています。 波長可変光モジュールは、DWDMシステム、OADM、光クロスコネクト、光スイッチング装置、光源スペアパーツなどにおいて、実用的な価値が非常に高い動作波長を柔軟に選択できます。
10GチューナブルSFP + / XFP光トランシーバ
さらに、チューナブル・トランシーバは、内蔵レーザとMZ変調器を内蔵したチップを採用し、ITU-T(50GHz DWDM ITU-TフルCバンド)要件を満たし、90GHzチャンネル間隔に基づいたチューニング可能な50チャンネルを備えています。 これは、機器メーカとオペレータに大きな柔軟性を提供し、ネットワーク全体のパフォーマンスを最適化し、DWDM SFP +モジュールインベントリの既存事業者の需要を大幅に削減します。
Gigalight 開始した 10G調整可能なSFP + そして 10G調整可能なXFP 光トランシーバ。 10Gの調整可能なSFP +は、1.7Wよりも低い低消費電力です。 このモジュールの波長は安定しており、送信光パワーは約0dBmです。 消光比は10dBmより大きい。 サイドダイ抑制比が51dBより大きく、アイパターンの交差点が47%と52%の間であり、このモジュールの感度が-24dBmを超えることができます。 80kmまでの距離をサポートしています。 また、10Gチューニング可能なXFPは、FECコーディング機能(OTN G.709フレーミング)と非FECコーディング機能をサポートするために、2つのバージョンに分けられます。 前者の電力消費は4.5W未満であり、FEC符号化機能の利点は伝送の感度を改善することである。 FEC機能のない後者の電力消費は3.5W未満である。 この2つのバージョンは、80kmの最大距離を達成するだけでなく、シスコ、ジュニパーなどの主要な機器サプライヤのスイッチやコアルータと互換性があります。
Gigalight また開発した 50GHz AAWG DWDM MUX / DEMUX 1Uシャーシパッケージ(19インチラックに搭載可能)内に、シングルチップベースのソリューションとして提供されます。 この機器はパッシブであり、電源は不要で、80 / 88 / 96チャンネル構成はオプションです。 一方、DWDMアップグレードポートおよびモニタポートはカスタマイズできます。 リーバ間プランと比較して、挿入損失が低く、コストが低いという利点があります。
Gigalight AAWG DWDM MUX / DEMUX
次の図は、 Gigalight 参考までに、長距離光伝送システム用の柔軟なDWDMソリューション。
長距離光伝送システムのための柔軟なDWDMソリューション